Logo

アジア開発学生会議

Asian Development Youth Forum

団体紹介

国際交流

ADYFとは?

私たちは、「現地のことを知らないで行われる支援が、時に無駄になってしまっている」ことに問題意識を覚え、「支援する前にまず知る」ということを理念に掲げてリサーチを行う学生団体です。リサーチを通して現地の実情を知り、それを発信することによって、他の学生団体や一般学生に対して「知ること」の重要性を伝えようとしています。また、学生だけの手で1から自由にリサーチを作り上げるため、これからのアジアを担う人材が成長する場にもなると考えています。2017年で設立されて14年目になる、一定の歴史を持つ団体でもあります。

Vision & Mission

Vision

アジアの未来を担うユースを育成し、輩出する。 個人や団体の活動の糧となり、よりよい支援の実現に向けて牽引する。

Mission

  • 1.自らフィールドワーク、リサーチを通して知り、学べる場となる。
  • 2.関わった人々に還元できる活動を行う。
  • 3.学生や一般人が知り、関わるきっかけになる。その手助けをする。
  • 4.学生団体の活動の糧となる。知る大切さを伝える。
  • 5.最も自由なフィールドワークを目指す。

活動概要

1.研究会

ADYFの基本となる活動が、週一回の研究会です。 自分たちの興味のある分野やホットな話題などにテーマを設定し、テーマごとに「分科会」というチームを作り、チーム内で深く掘り下げて研究していきます。

研究会

2.現地調査

夏休みと春休みに、10日前後、実際に現地に行って調査を行ないます。 研究会で得られた成果をもとに、住民の方への聞き取り調査や、政府機関・企業・NGOなど現地で活動している組織・団体へのインタビューを行い、普段の研究をより現地の状態に根ざしたものへと発展させます。
※現地訪問の写真は、ホームページの「フォト」よりご覧ください。

現地訪問

3.外部との交流

研究会、そして現地調査を経て得られた成果をもとに、報告書を作成します。報告会にてテーマやリサーチ結果について議論するだけでなく、大学での講演会や学生団体主催のイベント、グローバルフェスタなどにて、リサーチ内容を発信しています。
※過去報告書は、ホームページの「活動履歴」よりご覧ください。

交流

About Us

ADYFは、「学ぶバックパッカー」をモットーとし、「支援する前にまず知 る、そして伝える」を理念に、アジアの途上国の社会問題を国内外フィー ルドワークで学び、知ることの大切さを発信しているリサーチ団体です。

毎週木曜19:00〜21:00 東大駒場キャンパスにて活動中

Contact Us

ADYFの活動やリサーチに関して詳しく聞きたい、一度研究会をのぞいてみたい方は、是非ご連絡ください!他団体の方からのご連絡もお待ちしております。

お問い合わせはこちら